案件評判
TailwindCSSを理解する!初心者でも分かる概要、特徴などの基礎知識について簡単に解説!

TailwindCSSを理解する!初心者でも分かる概要、特徴などの基礎知識について簡単に解説!

最終更新:2021/10/15 投稿:2021/10/03
TailwindCSSを理解する!初心者でも分かる概要、特徴などの基礎知識について簡単に解説!

TailwindCSSとはWebサイト及びWebアプリケーションを作成するためのCSSフレームワークです。「開発者に自由を提供する軽量なフレームワーク」という思想を掲げております。この記事ではTailwindCSSを理解するために初心者でも分かる概要、特徴などの基礎知識について簡単に解説していきます。

TailwindCSSとは

TailwindCSSとはWebサイト及びWebアプリケーションを作成するためのCSSフレームワークです。2019年にバージョン1.0がリリースされたばかりと数あるCSSフレームワーク比較的新しいものです。TailwindCSSはユーティリティーファーストを掲げており便利で汎用的なクラスがたくさん用意されています。ユーザーはそれらを組み合わせて自由に使用することができます。特徴として「ユーティリティファースト」「CSSファイルサイズを小さくする」「スタイルの変更をHTMLローカルで安全に行える」などが挙げられます。

『TailwindCSS基本情報』
▼開発者
Adam Wathan
▼誕生時期
2019年
▼種別
CSSフレームワーク/ライブラリ
▼特徴
・ユーティリティファースト
・CSSファイルサイズを小さくする
・スタイルの変更をHTMLローカルで安全に行える

TailwindCSSの公式サイトはこちら>>

CSS

CSSとはWebページの見た目・デザインを調整するためのスタイルシート言語です。正式名称は『Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)』であり、それぞれの頭文字をとって略称した呼び名で親しまれております。CSSの登場によってHTMLで作成されたWebページ上での表現をより高度に装飾ができるようになりました。具体的には文字のサイズや色、レイアウトなどの表示スタイルなど細かな編集まで手が届くようになったのです。CSSはファイル名に拡張子の『.CSS』を付けることで、コンピューターにCSSファイルとして認識されます。

『CSSの基本情報』
▼正式名称
Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)
▼誕生時期
1994年
▼開発者
ホーコン・ウィウム・リー氏
▼種別
スタイルシート
▼拡張子
.css
▼最新
CSS Level4(2020年時点)

CSSの歴史やできることを解説している記事はこちら>>

フロントエンドとは

フロントエンドとはWebサービス利用者の目に触れる部分を表します。よってフロントエンドとはWebサービスの利用者が目に触れる部分のシステムを開発することです。フロントエンドの開発を行うエンジニアを『フロントエンドエンジニア』と呼びます。システム業界では”見える部分を作る人”と呼ばれております。主な業務内容としてWebブラウザ上で見ることが出来るページや機能の作成など挙げられます。その際に利用される技術要素としてHTML、CSS、JavaScriptなどがあります。フロントエンド側がサーバーにプログラム実行のリクエストをすることで。サーバから必要な情報を受け取りWeb上にリクエストした内容が表示されます。

フロントエンジニアが習得するべき最低限の技術について解説している記事はこちら>>

TailwindCSSの読み方・名前の由来

TailwindCSSの読み方は『テイルウィンドシーエスエス』です。名前の由来ですがWeb制作者にとって「追い風(Tailwind)」となるようにと意味が込められているようです。

TailwindCSSの特徴

TailwindCSSの特徴を見ていきましょう。

ユーティリティファースト

TailwindCSSはユーティリティファーストという特徴があります。TailwindCSSでは既存のクラスを直接HTMLに適用することで要素のスタイルを設定できます。従来のやり方だと、デザインをカスタムするにはカスタムされたCSSが必要です。ユーティリティクラスを使用することでCSSを記述せずにカスタムデザインを構築できることが大きな特徴の一つです。

CSSファイルサイズを小さくする

TailwindCSSはCSSファイルサイズを小さくするという特徴があります。Tailwindでは「Purge CSS」というツールを使用することで使われていないCSSの記述をCSSファイルから削除することや最終的なビルドサイズを最適化することができます。

スタイルの変更をHTMLローカルで安全に行える

TailwindCSSはスタイルの変更をHTMLローカルで安全に行えるという特徴があります。HTMLのclassはローカルであるため、他の何かが壊れることを心配せずにclassを変更することできます。

その他のCSSフレームワーク

Tailwindcss以外のCSSフレームワークを見ていきましょう。

Bootstrapとは

BootstrapとはWebサイト及びWebアプリケーションを作成するためのCSSフレームワークです。Twitter社が2011年に開発し、フロントエンドフレームワークの中でも最も人気を集めております。BootstrapではWebページの基本機能として使用される「メニュー」「ボタン」「フォーム」などのパーツをテンプレートで用意しております。見た目を調整するCSSファイルや動きをつけるJavascriptファイルが既に作成されており、それらの定義を呼び出すだけでデザインやUIの知識がなくとも、動きのあるリッチなWebサイトを素早く簡単に制作することができます。

『Bootstrap基本情報』
▼開発者
Twitter社
▼誕生時期
2011年
▼種別
CSSエンドフレームワーク/ライブラリ
▼特徴
・簡単で分かりやすい
・デザイン、レイアウト工数の削減
・レスポンシブWEBデザイン
▼種類
・Twitter Bootstrap
・Bootstrap Themes
・Angular directives for Bootstrap

Bootstrapのメリット・デメリットなどの基礎知識について解説している記事はこちら>>

Bulmaとは

BulmaとはWebサイト及びWebアプリケーションを作成するためのCSSフレームワークです。レスポンシブWebインターフェイスを構築するために簡単に組み合わせることができ、CSSのみで構成されているので早いことで人気を集めております。Flexboxをベースにしており「Font Awesome」「Sass」に対応しています。同じCSSフレームワークの中でも最も人気を集める「Bootstrap」と比較してもシンプルでかつ軽量で早いという特徴があります。モダンなデザインも豊富なことからカスタマイズ無しでもデザイン性の高いWebサイトが作れます。

『Bulma基本情報』
▼開発者
Jeremy Thomas
▼誕生時期
2014年
▼種別
CSSフレームワーク/ライブラリ
▼特徴
・CSSのみで構成されているので早い
・レスポンシブWebデザイン
・モジュール分割

Bulmaの概要・特徴などの基礎知識について解説している記事はこちら>>

Pure.cssとは

Pure.cssとはYahoo!によって開発されたWebサイト及びWebアプリケーションを作成するためのCSSフレームワークです。マイクロフレームワークとして最低限の機能だけで構成されております。モバイルファーストで開発されたため、ファイルサイズを小さく保つことを最重要事項としたようです。そのファイルサイズは全てのモジュールやコンポーネントを入れても3.7KBぼどしかありません。軽量でシンプルなCSSフレームワークを好む方におすすめです。また大きくアクセスを抱える大規模サイトへの用途でも力を発揮するでしょう。

『Pure.css基本情報』
▼開発者
Yahoo!
▼誕生時期
2014年
▼種別
CSSフレームワーク/ライブラリ
▼特徴
・モバイルファースト
・ファイルサイズが非常に軽量
・JavaScript不使用

Pure.cssの概要・特徴などの基礎知識について解説している記事はこちら>>

まとめ

TailwindCSSを理解するために初心者でも分かる概要、特徴などの基礎知識について簡単に解説させていただきました。TailwindCSSを一言で表すと『ユーティリティファーストCSSフレームワーク』です。特徴として「CSSファイルサイズを小さくする」「スタイルの変更をHTMLローカルで安全に行える」などが挙げられます。TailwindCSSについてこの記事に書かれている最低限の内容は理解をしておくようにしましょう。

案件評判
常駐する会社が、実際どんな会社で、どんな案件が動いているか詳しく知りたい。
これは常駐形態で働く方なら誰もが感じていることだと思います。 常駐の働き方をされている方は是非一度「案件評判」で案件についての評判をチェックしてみてください。