案件評判
プロジェクトリーダーを理解する!初心者でも分かる仕事内容、必要な能力、市場価値などを簡単に解説!

プロジェクトリーダーを理解する!初心者でも分かる仕事内容、必要な能力、市場価値などを簡単に解説!

最終更新:2021/07/19 投稿:2021/07/17
プロジェクトリーダーを理解する!初心者でも分かる仕事内容、必要な能力、市場価値などを簡単に解説!

プロジェクトリーダーとは、開発現場においてプロジェクトを成功に導くための管理を行う人のことをいいます。よく「プロジェクトマネージャー」と混同されることが多く、明確に業務上での役割がはっきりと分かれているわけではありませんが、一般的には、プロジェクトマネージャーは社外のクライアントや関係者ともコミュニケーションを取りながらプロジェクト全体の管理をし責任を持ちます。一方でプロジェクトリーダーは現場責任者の役割を担います。プロジェクト成功のためには、現場の人材管理や納期管理などプロジェクトリーダーが開発メンバーと密なコミュニケーションを取りながら進めていくことが非常に大切なのです。この記事ではプロジェクトリーダーの具体的な仕事内容や必要になる能力などを解説していきます。

プロジェクトリーダーとは

プロジェクトリーダーは、ソフトウェア開発やシステム構築の開発現場において、現場でチームをまとめ、プロジェクトを完遂させるというミッションが与えられています。現場の責任者としてプロジェクトを滞りなく完了させるためには、様々な業務が発生します。具体的な役割は大きく分けて2つあります。
1つ目は責任者としてプロジェクトチームを牽引するということです。スケジュールの管理や人員調整などプロジェクトが円滑に進むためのマネジメントを行います。
2つ目の役割としてはプロジェクトマネージャーの補佐としての役割です。クライアントとの接点を持ち、プロジェクト全体の責任を持っているPMとはより密にコミュニケーションを取る必要があります。大規模なプロジェクトの場合は開発担当毎にプロジェクトリーダーを複数人配置する場合もあるため、連携を取りながらクライアントの要望を納品物に反映させていきます。

プロジェクトリーダーの仕事内容

次にプロジェクトリーダーの具体的な業務内容について解説していきます。

プロジェクト計画

まずプロジェクトを始める前に、プロジェクトリーダーはプロジェクトの目標と計画をプロジェクトマネージャーやチームメンバーと共に立案していきます。チーム内で何をいつまでに達成しなければならないのかを話し合います。プロジェクトリーダーは、指揮をとりながらもプロジェクト計画段階から現場のプログラマーやエンジニアを巻き込み、細かい計画までメンバーに落とし込んで共通認識を持たせることで、チームに一体感を持たせて士気を高めることが重要です。

環境構築・リソース調達

プロジェクトの大まかな計画が立ったら、プロジェクトが滞りなく進む為の環境構築やリソース調達を行います。最適な人員の配置や役割分担が出来ないとプロジェクトを円滑に進める事が出来なくなるため非常に重要な役割と言えるでしょう。また大規模なプロジェクトの場合には、開発工程ごとにプロジェクトリーダーが立てられており、それぞれがリソース調整を任される場合もあるため連携が必要になります。

スケジューリング・タスク整理

綿密なスケジューリングを行い、現場のチームメンバーと共有し合えていたとしても、いざプロジェクトが始まると想定外のトラブルが起き、スケジュールが遅れてしまったり、人員が不足してしまうということは起こります。想定外のミスやトラブルが起きてしまうことを想定しながらメンバーのタスクを整理したり、スケジュール管理を行い進捗を確認することが必要です。

プロジェクトマネージャーの補佐

上記でも記載をした通り、大規模なプロジェクトであればあるほど、開発の工程ごとにプロジェクトリーダーが立てられます。プロジェクト全体の指揮を取るのがプロジェクトマネージャーの役割のため、各チームのプロジェクトリーダーと密にコミュニケーションを取ります。プロジェクトの規模が大きくなればなるほどプロジェクトマネージャーは案件の全体管理も大変なので、プロジェクトリーダーが主体的にプロジェクトの進行に責任を持ち、時にはマネージャーに助言をしながらサポートしていきます。

プロジェクトリーダーに必要な能力

次にプロジェクトリーダーに必要な能力を見ていきましょう。

マネージメント能力

プロジェクトには必ず納期があります。プロジェクトリーダーには計画通りに業務を遂行させるというミッションが課せられています。チームメンバーの業務管理や進捗管理、突発的なトラブルが発生した際の迅速なフォローなどはもちろんのこと、なにより大切なのはチームメンバーの士気を高めて期限内に完遂できるように環境を整えたり、モチベーションを管理するのもプロジェクトリーダーの役割です。人を動かす立場になるため、マネージメント能力は必須になります。

システム開発に関する知見

開発現場にもよりますが、プロジェクトリーダー自身も現場で一緒にプログラミングを行うケースも少なくありません。リーダーという立場上、自分の業務範囲だけではなく、連携が必要な他チームのことやプロジェクト全体の作業工程についても把握し全体を俯瞰的にみる必要があります。その際にやはり、システム開発に関する深い知識や経験があればあるほど情報の把握スピードや質にも影響します。自身が開発現場に深く関与する立場であるため、システム開発における知見が必要です。

システム開発の一連の流れや基本的な工程について解説された記事はこちら>>

論理的思考力

プロジェクトにおいて、必ずといっていいほど想定外のトラブルやミスというのはどうしても発生してしまいます。トラブルが発生してしまった要因はなんなのか、本質的な問題を把握する為に論理的思考力が必要になります。どうすれば現状を打破できるのか、ボトルネックを見つけ出し解決策を見出すためには、常日頃から物事の原因と結果に着目し、なぜ?という思考を持つことが重要です。

コミュニケーション能力

プロジェクトの成功にはチームワークが欠かせません。したがってプロジェクトリーダーのコミュニケーション能力やリーダーシップがなによりも重要です。
チームの風通しを良くして細かい内容も報告し合えるような雰囲気づくりをしておくことがトラブルを最小限に抑えることに繋がったり、スケジューリングを上手く行うことに繋がります。またプロジェクトリーダーは自分のチームだけでなく、他チームやプロジェクトマネージャーとの連携、時にはクライアントとの折衝も任されることがあるため、相手のニーズを汲み取りながらも自分達の要望を理解してもらえるようなビジネス上必要なコミュニケーション能力も備えておく必要があります。

リスク管理能力

プロジェクトには必ずリスクが伴います。リスク管理能力とはすべてのリスクをゼロにすることではなく、リスクを最小限に抑えてリスクに対して優先順位をつけながら迅速に対処する能力です。プロジェクトで発生するトラブルには規則性や発生しやすい状態というのが必ず存在します。したがってプロジェクトリーダーはこれまでの経験や知見から事前に起こり得る可能性があるトラブルを事前に想定しておいたり、ミスを起こりづらくするための体制を事前に整える必要があります。発生してしまったトラブルについてはコスト面や影響感を鑑みながら、優先順位をつけて主体的に解決へと導く必要があります。

プロジェクトリーダーの市場価値

次にプロジェクトリーダーの平均年収や今後の将来性など、市場価値について詳しく解説していきます。

平均年収

プロジェクトリーダーの年収は、携わるプロジェクトの内容や経験に応じて大きく異なります。平均的な年収をみると20代後半のプロジェクトリーダーでおおよそ500万円前後、30代や経験のあるプロジェクトリーダーで700万〜900万円程度が相場です。年収が高い求人はプロジェクトマネージャーとしての役割を求められるような業務内容のものもあります。
システムエンジニアやプログラマーの場合、20代だと400万〜500万円、30代でも500万円から700万円程度です。一方プロジェクトマネージャーの場合は900万円から1000万円を超える求人も多くあるため、プロジェクトリーダーの年収はエンジニアよりも高く、プロジェクトマネージャーよりは低い年収に設定されていることが多いです。

活躍できる業界

プロジェクトリーダーは主にソフトウェア開発やシステム構築の開発現場において活躍しています。もともとはIT業界が活躍のメインの場でしたが、最近はWEB業界でも大規模なプロジェクトが増えてきており、プロジェクトも複雑化してきているため様々な開発現場でプロジェクトをマネージメント出来る人材の需要は増えてきています。

将来性

今後もソフトウェア開発やWEBサービス業界で新しいサービスの開発は増え続けます。IT業界における人材不足はまだまだ顕著であり、未経験からエンジニアやプログラマーを目指す人は増えています。しかしプロジェクトリーダーという立場はIT業界未経験ですぐに出来る仕事ではないため、プロジェクトをマネージメント出来る人材は特に重宝されます。
プロジェクトリーダーだけでなく、エンジニアやプログラマーとしてある程度の経験を積むと、より高度なITスペシャリストをめざしたり、ITコンサルタントとして活躍したりとキャリアパスの選択肢も広いため、チームをまとめながらリーダーシップを発揮できる人材は今後もニーズが高いでしょう。

プロジェクトリーダーになるには

プロジェクトリーダーを目指すためにはどんなスキルが必要なのか、未経験でもなれるのか、など具体的に解説していきます。

新卒の場合

新卒でプロジェクトリーダーを目指すには、まずエンジニアやプログラマーとして基礎の経験を積める会社を選び、そこからキャリアアップしていくのが一般的です。まずは自分が技術者としてプロジェクトに属して現場で経験を積みながらチームのサブリーダーやプロジェクトリーダーがどんな動きをしているのか、どんな能力が求められるかを把握し、必要な能力を身につけましょう。

転職(中途)未経験の場合

上記に記載した通り中途の場合でも同様、まずは開発プロジェクトに携わり自分が技術者として経験を積みマネジメントに必要な能力を身につけていくのが一般的です。ただ、需要が非常に高い職種でもあるため、異業種からの転職で未経験の場合でも目指すことが可能です。転職サイトの求人をみてみても「未経験可」と書かれた求人を目にすることもあるでしょう。しかし、やはり専門職であるため、事前に積んでおくと良い経験や必要なスキルはいくつかあります。
一つ目は、マネージメント経験です。別業界であってもプロジェクトの責任者として周りを巻き込みながら成果を出す経験を積んでおくと、汎用性が高いです。またクライアントの業界と親和性の高い業界で経験がある場合は深い業界知識があるとみなされて採用されるケースもあります。未経験からすぐプロジェクトリーダーになるというのは稀なため、上記の経験だけでなく、IT業界のプロジェクトに必要な資格や知識の勉強をしておく必要もあります。

プロジェクトリーダーに役立つ資格

次にプロジェクトリーダーを目指すにあたり学んでおくと良い資格について詳しく説明していきます。

プロジェクトマネージャ試験

情報処理振興機構(IPA)が主催する試験です。IPAによると、高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの目標の達成に向けて、責任をもって、プロジェクト全体計画(プロジェクト計画及びプロジェクトマネジメント計画)を作成し、必要となる要員や資源を確保し、予算、スケジュール、品質などの計画に基づいてプロジェクトを実行・管理する者が対象者と定義されています。合格率は12〜14%で難易度の高い試験と言われています。
受験者のほとんどが経験のあるエンジニアであるにも関わらず上記の難易度のため、未経験者のための試験というよりはすでにプロジェクトのマネージメントに携わっており、能力を証明する為の試験といっていいでしょう。

情報処理技術者試験

一般的に日本の技術者でよく知られているのが情報処理技術者試験です。レベル1~4に分かれているため未経験で技術者を目指すのであれば基本情報技術者試験から勉強し応用情報技術者試験の取得を目指すことをおすすめします。国家試験に認定されている資格のため、業界の認知度も高い資格になるため、参考書も簡単に書店で入手することが出来、独学でも取得が目指しやすいといえます。

まとめ

これまでプロジェクトリーダーの役割から具体的な業務内容、将来性について解説していきました。開発プロジェクトの成功にはプロジェクトリーダーの能力が大きく影響し、まさに成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。ITスキルだけではなく、マネージメント能力やリーダーシップなどヒューマンスキルも求められるような幅広いスキルが必要な仕事です。大変な分、求められるニーズも高く開発現場において要的な役割を担う仕事なだけたに大きなやり甲斐を感じる事ができるでしょう。

案件評判
常駐する会社が、実際どんな会社で、どんな案件が動いているか詳しく知りたい。
これは常駐形態で働く方なら誰もが感じていることだと思います。 常駐の働き方をされている方は是非一度「案件評判」で案件についての評判をチェックしてみてください。